スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣審判すごいところver女子

先週は家族でひっそりと
北部親善Aブロックの男子決勝戦を見て
息子は自分との差に悲壮感(゚Д゚;;)
父はこの舞台に立てなかったことを
現場に行くことでわいてきた寂寥感(´Д`)

その日の夜は審判部の忘年会
楽しくすごしたあと
F市の前審判部長から招集がかかり
F市のメンツで2次会
「その悔しさを力に変えるんだ!」( ̄皿 ̄
と励まし?のお言葉をいただき長いお酒の会が終了



といわけで気持ちを切り替えて新しいスタートで
さっそく派遣審判

あのミニバスケットボールマガジンの本にも出ている
N山ミニバスや
関東大会に出る県ではなく都のA葉など
豪華なチームが集結(゚Д゚;;)

やばい、なんちゃってB級の自分通用するのか??

お誘いの主のY下さんに挨拶をして
地域の大御所、名前が有名人と同姓同名のOさんから
「1日大丈夫?じゃあ、3つお願いね」

このメンツの試合3つですか??(゚Д゚;;)

とはとても言えそうにないので
いざ尋常に勝負


1試合目同じく派遣で来ていたO西のS氏と
A葉対Bルの試合
Sさんはぴっ、ぴっと鳴らし
自分は二、三個ファールを取ったくらい
だって、明らかなファールはなくて
ファールになっちゃったのがあったくらいかなぁ
相変わらず、笛が重いなぁ(,,´~`;)

講評でA葉の日本公認の方からお話を聞くと
なんと今度関東大会に行くチームだと発覚(゚Д゚;;)
(最初に紹介したが知ったのはこの時点)
大きな身長の子は一人しかいないのに
メンタルも強いし、プレーも上手で激しいわけだ
主にバスケット感の話をされて
非常に参考になった

次は我が北部の日本公認、審判講習会の先生の一人
Yさんと吹くことに

先ほどのA葉と埼玉南部の強豪K松との試合
また鳴りません(,,´~`;)
あれ?でもYさんもあまりならないぞ?
ハーフタイムで確認すると
「もっとよく確認すればいくつかあるかもしれませんが、
オフェンスがフェイドアウェイしているのをディフェンスが
ついて行っているだけですから鳴らさないのが正解でしょう」

鳴らないのが正解だなんて
なんてレベルの高い試合なんでしょう(゚Д゚;;)

そのまま無事終了

最後に3つ目の前に新発見!

久しぶりの3試合
このレベルで2試合終わった時点で
右足の甲に違和感が(゚Д゚;;)

ふくらはぎにやさしいと自分は感じるバッシュ「ジグエンコア」
でも、全体的にきつくフィットし長時間履くと足の甲に負荷がかかる

そこで先週底割れした経験から
予備で持ってきた、とある若者から頂いたお下がり
「ハイパーフューズ2012ジャパン」を車からだして
ためしに履いてみると
ゆるいフィット感だから痛いところにあたらない(´▽`)

そのまま3試合目に突入
今回参加しているチームの帯同審判の方と吹くことに
さきほどのK松と地元チームY見西との戦い
1・2クォーターは多分1.2試合目で出ていたかったメンバー同士の戦い
結構吹き逃しちゃったけど、メンバー構成からしたらしょうがないかと
カンファレンスしてたら
3・4クォーターでてきました、ベスト
相手の審判に助けられながら何とか終了
ちょっと最後はふくらはぎの筋肉がピクピクしかけていたけど
何とか持ってよかった(´▽`)

今日は
・バスケット感の話
・Y下さんのペイントエリアのヘルドの考え方
・2足の他メーカーのバッシュを履くと足の負担が分散される
この3つが大きなプラスになったかな

来週に市民大会で取り入れてみよう


そして懲りずに底割れ対策としてもう一つ真っ黒なバッシュ
正月に購入依頼をしてみよう


にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ
にほんブログ村



ミニバスケットボール ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
プロフィール

だあくおやじ

Author:だあくおやじ
子どもが入団した際コーチもどきになり、そのままチーム事情でメインの帯同審判になってしまったおやじのミニバス悪戦苦闘日記

ブログランキング ぽちっと
にほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへ
にほんブログ村
リンク
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。